| 目次| 1234567891011121314
| 資料| 予定| 課題| 宿題|

BlueJ環境

BluJとは

BlueJとは"Computing Education Research Group at the University of Kent"で開発されている教育用に特化したJava開発環境(IDE)であり,ターミナルやFinder,などを直接利用することなくプログラムの作成が可能になる.(Wikipediaでの紹介)

入手先

BlueJ開発元から入手できます.通常は "includes JDK"(JDK同梱)なパッケージを導入してください.

拡張

この講義では,"extensions"ページで紹介されている,"Main Program Runner"を導入しています.

利用例:"Aisatsu.java"

  1. 「新規作成」を選択
  2. フォルダ「BluJ」の下にプロジェクト名を「EX2A」として作成
  3. プロジェクト作成後の状態
  4. 「新規クラス」からクラスAisatsu(ソースファイル名"Aisatsu.java")の作成
  5. 「エディタの表示」を選ぶ
  6. 不要部分(初期設定内容)を選択削除


    この状態からプログラムを入力する
  7. プログラムを入力
  8. コンパイルし,実行("Run Main Method"をクリック)
  9. 実行結果が表示される
  10. 結果を確認したらプロジェクトを閉じる
  11. 再度,プロジェクトの内容を確認する際には「開く」から選択

利用例:"HowOldAreYou.java"

  1. プロジェクトを新規作成
  2. "HowOldAreYou"クラスを作成
  3. 以下のように入力
  4. "KeyboardInput.java"を「ダウンロード」に保存(リンクを右クリック)
  5. "KeyboardInput.java"をプロジェクトに追加
  6. 「ダウンロード」から選択
  7. 内容確認
  8. "KeyboardInput"クラスをコンパイル
  9. "HowOldAreYou"クラスをコンパイル
  10. "Run Main Method"をクリックして実行
  11. 実行結果(日本語は入力不可)

関連づけの変更

  1. 作成したjavaソースファイル(任意)を右クリック.「情報を見る」を選択
  2. 「このアプリケーションで開く」から「その他」
  3. 「CotEditor」を指定し,「常にこのアプリケーションで開く」をチェックし.追加


| 目次| 1234567891011121314
| 資料| 予定| 課題| 宿題|