「インターネット概論」の目次

平成11年4月2日1時1分版(逐次,追加されます)


3月のインターネット講座ですが,レポートに対する感想や コメントと,2年間のインターネット概論を終わってというような感じで構成 したいと思います.とは言っても1から書くのでぼちぼちアップします.4月中 と言うと怒られるかな.


9. 「さいごに」にかえて

9.1 最近の話題

 レポートに関する感想等に触れるまえに2つ程, 最近の話題について話してみましょう.

1.(日本の)インターネットにおける1999年問題とも言われていますが,多く
の個人向けの商用プロバイダのアドレスが

	foo.or.jp -> foo.ne.jp

と変わります.そんなの前から分かっていると思われていますが,1999年3月
末までは,or.jpとne.jpの2つの併用が認めてられていたのですが,その期限
が切れるため,4月に入ってエラーメールが激増すると予想されています.

	niftyserve.or.jp -> nifty.ne.jp

のように,この機会にドメイン名を替えるものもあったりしてやっかいでしょ
う.大阪関係だと

	threewebnet.or.jp -> 3web.ne.jp

もあります.

 インターネット講座関係のMLも申し込みも含めて対応しようと思っています.
学内のサーバの管理者にはお知らせしました.移行リストは

	http://www.nic.ad.jp/jp/regist/dom/or-ne/lists/trans.html

にあります.

2.新しいマクロウィルス

 昨日(27日)に新しいマクロウィルスの警告メールが届きました.ホームペー
ジでは

	http://www.cert.org/advisories/

の最初にある

	CA-99-04-Melissa-Macro-Virus

です.ネットワークの管理者にはCERT ADVISORIESとしてメールで届きます.
詳しくは,そこを読んでもらえればいいのですが,届いたメールによると

Systems Affected

     * Machines with Microsoft Word 97 or Word 2000
     * Any mail handling system could experience performance problems or
       a denial of service as a result of the propagation of this macro
       virus.

とあるので,Word 97絡みです.

I. Description

   The Melissa macro virus propagates in the form of an email message
   containing an infected Word document as an attachment. The transport
   message has most frequently been reported to contain the following
   Subject header

      Subject: Important Message From 

   Where  is the full name of the user sending the message.

のようなSubjectがあると注意で,

   The body of the message is a multipart MIME message containing two
   sections. The first section of the message (Content-Type: text/plain)
   contains the following text.

      Here is that document you asked for ... don't show anyone else ;-)

これが本文の最初だそうです.

   The next section (Content-Type: application/msword) was initially
   reported to be a document called "list.doc". This document contains
   references to pornographic web sites. As this macro virus spreads we
   are likely to see documents with other names. In fact, under certain
   conditions the virus may generate attachments with documents created
   by the victim.

   When a user opens an infected .doc file with Microsoft Word97 or
   Word2000, the macro virus is immediately executed if macros are
   enabled.

あとはWordの文書があるので,それを開くとWindowsの内部構造(Registry)を
書き換えるそうです.MACでは大丈夫だそうですが確認されていません.

 ユーザにとっての対応は上記のようなメールの添付ファイルは開かない事で
すが,

     * Utilize virus scanners

       Most virus scanning tools will detect and clean macro viruses. In
       order to detect and clean current viruses you must keep your
       scanning tools up to date with the latest definition files.

          + McAfee / Network Associates

            http://vil.mcafee.com/vil/vm10120.asp
            http://www.avertlabs.com/public/datafiles/valerts/vinfo/melissa.asp

          + Symantec

            http://www.symantec.com/avcenter/venc/data/mailissa.html

          + Trend Micro

            http://housecall.antivirus.com/smex_housecall/technotes.html

有名なワクチンソフトのウィルスファイルを最新版に更新すれば良いようです.
私もSymantecのNorton Anti Virusを最新の3月26日版に上げました.


9.2 レポートを読んで


9.2.1 「私のインターネット環境」から

第1回目のレポートを,ドメイン名の所を除いて目を通してみました.以前は 整理しながら読んだので,読むのは2回目か1.x回目になります^_^.

 読みながらコメントする項目だけメモしてみました.

 最後の2つ以外は名前の順に読んで気がついた時点でメモした順です.1回目 のレポートの残りのドメイン名と2回目のレポートについては,また時間を見 て読みます.質問も全部には答えていないので,これも出来るだけ回答やコメ ントしようと思っています.


 電話代やプロバイダに支払うお金については皆さん苦労されているようです
ね.アメリカからのメールを見ているとADSLを使って下りが500Kbpsで上りが
100Kbps,それで月数千円の下のほうとあるとうらやましい限りです.大阪市
でもCATVでインターネットして月6000円とかの話がありますが,CATVだと1つ
の回線を共同利用なので多くの人が同時に使うと遅くなってしまいます.

 電話代もテレホーダイ等で,プロバイダも固定料金や月xx時間内というよう
に皆さん苦労されているようです.しかし,いつでも使えるのと,料金と時間
帯を気にしながらでは気持ちの問題が大部ちがいます.

 もう少し(さて,いつの事か)の我慢だと思いますが,それまでにインターネッ
トの有効利用を身につけておくのが肝要なようです.レポートを読んでいると
みなさん苦労しながらうまく使われているようです.しかし,インターネット
での道具(ツール)はまだまだ出て来ますので,楽しみにしておいてください.
今年あたりは動画配信でしょうか.IE 5.0がそれに拍車をかけそうです.

2.MACとWindows

 インターネット環境のレポートを読んでいると世間での噂と違ってMAC使いが
多いようですね.MACな人は,MACは買った人がみんな使っているが,Windows
機はビジネス利用が多く,また飾ってあるだけが多いとも言っています.

 昨年はiMACとSONY Vaioを女性が買ってインターネットに接続したのがPCの売
上げに貢献したと聞きました.どうも,iMACは女性に人気があるようです.回
りの男連中は思ったより大きいとか,キーボードやマウスがペコペコしている
とか言っていますが,女性の目はどうもデザインにあるようで,回りの家具と
調和するとかの目で見ているようです.

 とは言っても私も今年度の研究費の残予算で「ストロベリー色」を買いまし
た.明日から触ってみようかと思っています.Windows 95が出るまでは,MAC
が自宅のマシンだったので,久しぶりに愛機の1つにMACがなります.MACを使
う理由の1つは次期情報システムの候補にサーバをMAC OS X(ten)にする事があ
ります.サーバ機はG3で,これは「計算するポリタンク」と口の悪い人はいっ
ています.

3.電子メールとWWWシステム閲覧

 レポートを読んでいるとインターネットを始めた頃はホームページが面白く
ていろいろ見たが段々飽きて来て,本当に必要なものを探す時に使う.電子メー
ルについてはやっぱり一番便利という声が多いようです.我々のいるセンター
での学生の使い方を見ているとそのように思いますし,「やっぱり電子メール
だね」というのは昔からインターネットをやっている人の平均した意見です.


9.2.2 「ドメイン名について」から


9.2.3 「ネットワーク・アプリケーション」から


9.2.4 「インターネットの近未来」から


9.3 インターネット講座について


目次に戻る