中野秀男の自己紹介

1970年 大阪大学を卒業

小学校6年頃からラジオに興味を持ちラジオ少年であったが,
高校からテニス少年になった.

今は家族とテニスをする程度のテニスおじさんになってしまった.

1975年 大阪大学大学院博士課程終了.工学博士となる.

大学院入学とともに勉強・研究を始め今の職業に

1975年 大阪大学助手となる.助教授を経て

1995年 4月より 大阪市立大学教授.

現在は学術情報総合センターに所属

1983年の初渡米でインターネットを知り,
1986年頃からインターネットの世界に染まり出す.

現在の研究テーマは

大学院時代からやっている組合せ最適化問題に対する近似解法

これはネットワーク等のパズル的な問題を解く研究で,
得意なのはネットワークをいかに速く回るかとか,
財布の中にいかに小銭を少くするようにお金を払うか
とかの問題の解法

暗号理論と情報セキュリティ

インターネットに係わり出してから始めた研究.

暗号は解読に興味があり,
情報セキュリティはクラッカー(ハッカーではない)に対して
強い計算機やネットワークの研究をしている.

お酒はたしなむ程度

この自己紹介は1996年秋のセンターオープン記念のイベントでのものです。
自己紹介のペアになっている上善さんの紹介