学会発表一覧(1990年以降)

戻る

1 書誌ユーティリティ−における目録−NACSIS-CATを例として− 単独 平成3年2月25日 日本図書館研究会第32回研究大会,大阪
2 目録における相対性−コンピュータ目録を中心に− 共同 平成3年10月7日 第39回日本図書館学会研究大会, 東京 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者: 志保田務 北克一 
3 ネットワーク時代と大学図書館の公開 単独 平成4年2月12日 日本図書館研究会第33回研究大会, 神戸
4 公共図書館におけるOPAC−ネットワーク環境における書誌情報の展開− 共同 平成4年2月12日 日本図書館研究会第33回研究大会, 神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 芝勝徳
5 NCR1987年版記述規定における限界とそれへの対応−論理形成 共同 平成4年9月13日 第40回日本図書館学会・西日本図書館学会合同研究大会, 博多 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務 北克一 
6 図書館多重ネットワーク時代の現状と展望−公共図書館を基軸として− 共同 平成5年3月1日 日本図書館研究会第34回研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:芝勝徳 北克一
7 わが国における主題索引ツール統合の試み 共同 平成5年8月28日 第3回整理技術・情報管理等研究集会, 名古屋 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:芝勝徳 北克一
8 記述の基盤と、書誌単位と物理単位の取扱い−日本目録規則1993年改訂案を中心として− 共同 平成5年10月16日 第41回日本図書館学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 志保田務
9 UNIMARC/AUTHORITIESフォーマット拡張試案−典拠ツール頒布フォーマットとして− 共同 平成6年5月28日 日本図書館学会春季研究集会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:芝勝徳 北克一
10 1994年ユネスコ公共図書館宣言改訂の動向 共同 平成7年2月20日 日本図書館学会春季研究集会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 村上泰子 
11 BSO日本語版の可能性 共同 平成7年9月3日 第5回整理技術・情報管理等研究集会, 名古屋 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:川村敬一 北克一 芝勝徳
12 最近の目録規則をめぐる論議 共同 平成7年9月3日 第5回整理技術・情報管理等研究集会, 名古屋 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務 北克一
13 電子図書館 単独 平成7年10月30日 情報処理学会関西支部講演会, 大阪
14 図書館システムの将来展望 単独 平成7年12月15日 平成7年度情報処理教育研究集会, 豊中
15 国立国会図書館関西館(仮称)構想に対する一考察 共同 平成8年2月19日 日本図書館研究会第37回研究大会, 神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 中村恵信
16 マルチメディア資料の書誌記述:『インターラクティブ・マルチメディアの書誌記述ガイドラインをてがかりに』
共同 平成8年2月19日 日本図書館研究会第37回研究大会, 神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
17 マルチメディア資料と著作権 共同 平成8年11月18日 日本図書館研究会第38回研究大会, 神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
18 省令科目「資料組織演習」におけるコンピュータ主体の演習環境構築の一試行−司書課程レベルをもとに−
共同 平成9年11月3日 第45回日本図書館学会研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 志保田務 高鷲忠美
19 電子図書館と著作権−WIPO著作権条約の改正以後の動向を中心に− 共同 平成10年3月1日 日本図書館研究会第39回研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
20 『日本目録規則1987年版改訂版』の逐次刊行物関係規定間のバランスに関する一考察
共同 平成10年11月7日 第46回日本図書館情報学会研究大会, 東京 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務 北克一
21 OPACにおける目録構造 共同 平成11年3月8日 日本図書館研究会第40回研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:北克一 村上泰子
22 司書科目における書誌データベース構築演習の一手法の提案 共同 平成11年11月6日 第47回日本図書館情報学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:平井尊士 北克一 志保田務
23 英米目録規則における「逐次性 (seriality)」概念の検討動向について 共同 平成11年11月7日 第47回日本図書館情報学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:松林正己 北克一
24 『日本目録規則1987年版改訂版』における区切り記号法に関する一検討:書誌レベルを主軸に 共同 平成11年11月7日 日本図書館情報学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務 北克一
25 学校図書館メディアと著作権 共同 平成12年2月28日 日本図書館研究会第41回研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
26 電子資料とメタデータ―NCR第9章改訂を中心に― 共同 平成13年3月10日 日本図書館研究会第42回研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
27 Subject World: 主題の世界−異なる概念体系の統合に基づく主題検索を目指して− 共同 平成13年3月14日 情報処理学会第62回全国大会, 横浜 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上晴美 平田高志 北克一
28 機械可読目録(マルチメディア)時代における相対性機能の研究 共同 平成13年10月20日 第49回日本図書館情報学会研究大会, 長久手 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務 北克一
29 公立図書館におけるヤングアダルト・サービスの現状:滋賀県全県調査の分析から 共同 平成13年10月21日 第49回日本図書館情報学会研究大会, 長久手 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村木美紀 村上泰子 北克一
30 主題検索のためのOPAC動的可視化システム 共同 平成13年10月21日 第49回日本図書館情報学会研究大会, 長久手 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上晴美 平田高志 北克一
31 司書科目「資料組織演習(目録)における課題類型別習熟度調査の分析:司書講習編 共同 平成13年10月21日 第49回日本図書館情報学会研究大会, 長久手 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 村木美紀 北克一
32 ヤングアダルト・サービスの現状と展開:2001年滋賀県全県調査の考察に基づいて 共同 平成14年3月10日 日本図書館研究会第43回研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村木美紀 村上泰子 北克一
33 公立図書館と望ましい基準 共同 平成14年3月10日 日本図書館研究会第43回研究大会, 京都 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村上泰子 北克一
34 "ダウンズ勧告"における「目録法」関連事項とその受容、展開に関する一考察 共同 平成14年11月9日 日本図書館情報学会第50回研究大会, 日野 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:志保田務、北克一
35 『中学・高校件名標目表第3版』と『基本件名標目表第4版』の比較-構成規則構造と変換・包摂の検討- 共同 平成14年11月10日 日本図書館情報学会第50回研究大会, 日野 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。  共著者:村木美紀 北克一
36 図書館活動, 電子資料と著作権 単独 平成14年3月11日 日本図書館研究会第43回研究大会, 京都
37 学術情報流通の論理モデル 共同 平成15年3月9日 日本図書館研究会第44回研究大会, 神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:呑海沙織 北克一
38 戦前期おける大学等の総合目録/目録規則策定に関する史的考察 共同 平成15年10月25日 日本図書館情報学会研究大会, つくば 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:志保田務 北克一
39 著作権法と図書館-著作権契約と市場流通モデル- 共同 平成16年3月7日 日本図書館研究会第45回研究大会, 京都  担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:呑海沙織 北克一
40 英国『高等教育合同財政審議会図書館検討委員会報告書』(1993)における図書館情報基盤政策の分析・検討 共同 平成16年5月22日 日本図書館情報学会春期研究大会, 相模原 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:呑海沙織 北克一
41 図書記号の再検討:NDC、NCRを中心に 共同 平成16年11月6日 日本図書館情報学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:志保田務 北克一
42 逐次刊行資料の書誌記述における記述の単位をめぐる課題の検討-書誌単位規定の構造的考察- 共同 平成16年11月6日 日本図書館情報学会研究大会, 大阪 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:村上泰子 北克一
43 ネットワーク環境下のセキュリティ、プライバシー、図書館サービス 共同 平成17年2月20日 日本図書館研究会第46回研究大会,神戸 担当部分:共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 共著者:村上泰子 北克一

戻る